このホームページをご覧のみなさまへ

 埼玉県立豊岡高等学校のホームページをおたずねくださいましてありがとうございます。

 本校は、一世紀にわたって地域の期待を背負い、地域に根差した高校として、入間地区を中心とする地域社会の発展に寄与する人材を輩出してまいりました。

 本校は1920(大正9)年に豊岡町と近隣村による学校組合立豊岡農学校として設立され、豊岡実業学校、県立へ移管後豊岡実業高等学校となり、1964(昭和39)年に全日制普通科・定時制普通科併設の豊岡高等学校となりました。定時制は2011(平成23)年までの47年にわたり教育活動を展開してまいりましたが、1307名の卒業生をもって閉課程となり、現在は全日制のみを置いています。

 2013(平成25)年には、県立入間高等学校と統合、単位制・普通科高校として新たに出発し、「大学進学重視型」単位制高校として現在に至っております。2020(令和2)年に創立百周年を迎えました。卒業生数も2万5千名を数えています。(令和3年3月現在)

 新たな百年に向けて歩みだした豊岡高等学校に一層のご支援をお願い申し上げます。

中学生のみなさんへ

 

「地域に根ざし豊かな人間性を培う進学校」

 これが本校の目指す学校像です。

 豊岡高等学校は、一世紀にわたって地域社会の発展に寄与する人材を輩出してまいりました。これからも、目標に向けてひた走る、智勇兼備の骨太な若人を育ててまいります。

 そのための「舞台装置」として「大学進学重視型単位制」の学習システムがあります。単位制であるからこそ可能な豊富な科目選択や少人数授業を大いに活用し、綿密な履修指導によって進路希望に応じたカリキュラムを展開します。もちろん最も大事な基礎力は1年次でしっかり身につけ、2年次からは進路希望に応じた多様な教科・科目選択と少人数授業で実力をつけます。

 授業以外にも、「豊高ゼミ」など、充実した進学講習を行い、生徒一人ひとりの進路希望実現を全力でサポートします。さらに早朝から自習室を開放するとともに、インターネット利用の学習サイトを推奨し、自学自習を積極的に支援する環境を整えています。進路行事でも立志講演会や大学の教授による講義や大学視察などを行い、広い視野に立つ進路意識の啓発を図っています。

 また、生徒たちは、伝統ある学校行事や部活動など学校生活に積極的に取り組んでいます。平成元年度インターハイではアーチェリー部準優勝、陸上部出場をはじめ、様々な分野で生徒の活躍が見られました。これらの活動をとおして心と身体を鍛え、豊かな人間性を身に着けた立派な「豊高生」へと育っていきます。部活動加入率は各年次80%から90%です。伝統の生徒会本部役員や委員会の生徒たちもチームワークよく熱心に活動しています。

 興味を持った学問、部活動をはじめ多彩なスポーツ、芸術などを足掛かりに脳に大いに汗をかき、足腰を鍛える高校生活を楽しんでください。自身の進路を切り拓いて行ける、明るく楽しく着実に成長できる確かな進学校です。みなさんと豊岡高校でお会いできることを楽しみにしています。 

   令和3年5月

        埼玉県立豊岡高等学校長 内田 正俊

校長 内田 正俊
豊高校長室だより

豊高校長室だより

【豊高校長室だより】2021/10/21 中間考査が始まりました。

 10月20日(水)より中間考査が始まりました。生徒たちはこれまで分散登校など学習にも条件を強いられていますが、3年次生には校長室に質問に来る人もいて、あちこちで自習する姿も見られ、がんばっている様子が伝わってきます。

 空気が澄んできて、時おりしもこの日は満月になりました。気持ちを新たにするかのように、先月の満月(9月21日)以上にくっきり見えたように思います。竹取物語でかぐや姫が昇天する葉月の十五夜こそ先月の満月にあたるのですが、この十五夜「中秋の名月」は収穫を感謝して供え物をするところから「いも名月」と呼んだりします。一月後の長月十三夜は「まめ名月」「くり名月」と呼ばれ、観月の特別な夜ながら、ことし(10月18日)はやや雲が多かったので、来年の楽しみにしていただくとしましょう。

 空気が澄んだといえば、通勤の電車からちらりと富士山が見えるスポットがあるのですが、けさ(10月21日)の富士山は白く、くっきりと見えました。今週月曜日に見たときは(かすんでいましたが)雪がない「夏の富士山」に見えました。白い富士山になったということは急速に秋から冬に近づいたということでもあります。副反応を考慮して考査最終日に予防接種を手配した人も多いと聞いていますが、季節の変わり目なのでまずは体調管理に気をつけてほしいと思います。

0

【豊高校長室だより】2021/10/11 「自分らしく生きる」特別授業が行われました。

 10月11日(月)の選択科目・生物では、入間市議会議員の細田智也(ほそだ・ともや)氏をお迎えし、特別授業が行われました。わたくしも生徒とともにお話をうかがいました。

 「性」には「4つの性」があり、生まれた時の性以外はグラデーションがあるというお話しから、幼児期からの違和感、性転換や戸籍上改名に踏み切った経緯や葛藤など、ご自身のアイデンティティに関する貴重なお話をうかがいました。

 氏は女性から男性のトランスジェンダーの議員として知られています。4年前に当選、女性から男性へのトランスジェンダーである議員としては地方・国会を含め世界初とのことです。入間市ではことし9月からLGBTなど性的マイノリティを対象にパートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度がスタートしており、このために入間市への引っ越しを検討する方もいらっしゃるとか。隣の狭山市では、おりしも本日パートナーシップ宣誓制度が始まったとのこと。

 マイノリティは「いない」のではなく「見えない」だけだと考え、まずは異性愛を前提とした言い方をやめる、違いを個性としてとらえる、というお話に多くの考える材料をいただいた授業でした。

 この科目は3年次生の選択科目で、将来看護師や診療放射線技師をはじめ医療従事者を目指そうとする人が多く選択しています。

細田智也氏の特別授業

0

2021/10/02 豊岡高校創立百周年記念式典 校長式辞

 日ごとに秋も深まり、色彩あふれる街の美しさに心弾む季節となりました。

 この佳き日に、埼玉県知事・大野元裕様、埼玉県教育委員会教育長・髙田直芳様、埼玉県議会議員・齊藤正明様、入間市長・杉島理一郎様、埼玉県高等学校校長協会会長・坂上節様をはじめ各界のご来賓、同窓生、PTA後援会関係各位のご臨席を仰ぎ、ここに埼玉県立豊岡高等学校創立百周年記念式典を挙行できますことは、この上ない喜びであります。百周年に当たる昨年10月、大勢のご来賓をお招きし盛大に祝おうと計画しておりましたが、新型コロナ対応が求められるなか、最小限に縮小させていただきました。本日を迎えるにあたり、教職員を代表し心より御礼申し上げます。

 茶業や養蚕業が盛んなこの地に農業を学ぶ学校をと、大正9年、豊岡農業学校が創立されました。現在に続く基幹産業・狭山茶が豊岡高校百年の礎(いしずえ)となっており、産業の将来を見据えた当時の人々の慧眼(けいがん)に敬服するばかりです。

 戦後、昭和23年の学制改革により、埼玉県立豊岡実業高等学校となり、昭和39年には定時制課程を併置、平成23年閉課程となるまでの47年間に1307名の卒業生が出ています。平成に入り、旧入間高校のDNAも加わった形で「大学進学重視型単位制高校」として生まれ変わりました。会場のみなさまから見て右側が旧入間高校の校旗です。豊富な選択科目や進学講習と「豊高ゼミ」、専任のカウンセラーによる相談体制など、早い時期から生徒の多様な可能性を担保する教育活動を展開しています。部活動、生徒会活動も精彩を放ち、豊岡高校の魅力を際立たせています。

 卒業生は2万5千名を超え、地域を担う優秀な人材を輩出しています。このあとご講演いただく小林 駿介博士は液晶ディスプレイを実用化に結び付けた業績により日本学士院賞を受けておられます。地元の入間市、狭山市では同じ時期に木下・仲川両市長が市政の発展に貢献しておられます。先日の東京オリンピック2020で佐藤拳太郎選手が陸上1600mリレー代表選手として活躍したことも記憶に新しいところです。

 現在、図書館には政治学者としても知られた南原 繁(1889~1974)の揮毫(きごう)による書「創造」が飾ってあります。教育基本法や戦後の学校制度づくりに深くかかわり、戦後初の東京大学総長としても知られた人です。私は、力強くもしなやかな筆づかい、「創造」の文字に込められた豊高生への期待を感じます。在校生のみなさんも、高い目標を掲げ、自らに厳しさを課し、今までにない新しいものを作り出す気概をもってください。

 本校の長い歴史と伝統は、愛情を持ってご指導いただいた先生方とそれに応えた生徒たちの精進の積み重ねによって築かれたものです。これらを継承し実践していくことが本校の更なる発展につながるものであり、大きな節目に立ち会った私たちの努めでもあります。

 結びに、創立百周年記念事業をはじめこれまで本校の教育活動にご支援とご協力をいただきました県教育委員会、入間市当局、PTA、同窓会ならびに地域の皆様方に対し衷心より御礼申し上げますとともに、ご列席の皆様におかれましては今後なお一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げ式辞といたします。 

 令和3年10月2日

                    埼玉県立豊岡高等学校長 内田 正俊

0

【豊高校長室だより】あす10月2日(土)は創立百周年記念式典です

(このあいさつは、オンラインの動作テストを兼ねて、式場の校長から各教室の全校生徒に向けて話したものです。) 

  あす、10月2日(土)百周年記念式典が行われます。

 豊岡高校は、昨年創立百周年を迎えました。始業式の時にお話ししましたし、明日もふれることになるのでくわしくは省きますが、1920年に豊岡農業学校として創立され、その後、豊岡実業学校、豊岡実業高校との変遷を経て、1964年に豊岡高校となりました。この年から夜間に授業を行う定時制が併設されました。1つの教室で昼の部、夜の部の授業が行われ、閉課程となった2011年までの47年間に1300名ほどの卒業生が出ています。2013年には市内にあった旧入間高校と合流して新校としてスタートし、現在に至っています。 

 周年行事の場に立ち会うのはめぐりあわせの妙だと思います。みなさんのご親族にも卒業生の方がいらっしゃるかもしれません。お祝いに駆けつけてくださる方々の特別な思いに沿った振る舞いをお願いします。伝統を継承し実践していくことが、大きな節目に立ち会った私たちの努めでもあります。

 あすは、式典と、講演会を予定しています。講演会では、東京農工大学名誉教授の小林駿介博士のお話をうかがいます。小林先生は豊岡高校を1951年3月にご卒業、高校第3回にあたります。

 1972年に日本で初めて液晶ディスプレイを実用化につなげた業績などから、今年3月に日本学士院賞という学術分野では最高の栄誉ある賞を受賞されました。スマホをはじめ、あたりまえのように使っていますが、液晶というのはそもそもどういう物質なのかなど、研究生活の一端をお話しいただき、後輩のみなさんへエールを送っていただきます。 

 コロナの感染をできるだけ防ぐという意味で、みなさんには教室でオンラインの形で出席していただきます。また、百周年記念事業として、昨年までに校門の改修をはじめ教育環境の整備を行っていただいています。さらに、今回オンラインでの実施となったことから、現在ご覧のスクリーンを全教室に配備していただきました。今後、授業などで活用してください。 

 役割をお願いしたみなさんには、会場準備、後片付けをはじめいろいろと協力いただき、お世話になります。それでは、あすの式典と講演会、よろしくお願いします。

0

【豊高校長室だより】自転車の運転ぶりを振り返って!

 毎朝、登校時、先生方と校門附近に立って生徒に声をかけています。緊急事態宣言をうけて分散登校が続きましたが、きょうから通常登校にもどりました。

 数日前、学校とおとなりのファミリーマートのあいだの道路(原田病院方向から)入間市駅方向に曲がろうとして曲がり切れず、自転車が転倒するのを見ました。この交差点は駅方向に向かって下り坂になっており、スピードがついたためか、歩道のポール(車止め)に接触したようでした。自転車の女子高校生(と思われる)はすぐに駅方向におりていったので、けがなどはなかったようですが、それにしても危ないところでした。

 本校の生徒も、豊岡小学校方向から校門(ここもゆるい下り坂)に入る自転車を見ていると、他の人に接触しないかな、転倒しないかな、とヒヤりとすることがあります。時おりしも秋の交通安全運動期間ですが、いま一度、自転車の運転ぶりを振り返ってみてください。

0

2021/08/30 2学期始業式あいさつ「この夏の活躍」「豊高百年の重み」ほか

 2学期も放送による始業式となりました。きょうは、夏休み中の本校での出来事を紹介し、大きくは二つ、「コロナ蔓延防止」と「本校百年の歴史の重み」ほかについてお話しします。長くなりますが、お許しください。

 この夏も豊高生の活躍が目立ちました。

 陸上部の吉永葉月さんは、福井で行われた全国高校総体で女子200m、25秒23の記録をだしました。また日本選手権の関東予選である関東選手権大会にも進出、先日大会が開かれました。来年に向けてすでにスタートを切っているそうです。
 写真部の小山羽菜さんの作品「BGMは波の音」、和歌山で行われた全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)に出展されました。わたくしは和歌山に行けませんでしたが、そのあと大宮で行われた県代表作品展に行き、小山さんの作品を見て、構図をかなり工夫したのだと思いました。この展覧会で埼玉の生徒の力作の数々にふれてきました。
 軽音楽部のバンド「ぼくらの夏休み」が同じく紀の国わかやま総文2021に出演、ことしの県コンテストでも優勝、全国大会が先日行われました。
 音楽部はNHK全国合唱コンクール県大会で銀賞、吹奏楽団は吹奏楽コンクール県大会で銅賞の結果を残しています。
 東京オリンピックで卒業生の佐藤拳太郎選手が男子4×400mRの3走として健闘。3分00秒76の記録を出し、日本陸上界のエースランナーの一人として活躍されました。

 さて、埼玉県を含め21都府県に緊急事態宣言が出されています。期間は9月12日までということですが、状況によってさらに延長されてしまうかもしれません。これに伴い、本校も学期当初の日程に大きな変更があります。趣旨は、感染のリスクを少しでも下げるために登校時刻の繰り下げ、分散登校や短縮授業を組み合わせます。具体的にはこの後通知文書をお配りします。文化祭や部活動にも大きく影響が出ることになりますが、ご理解ください。自分が感染しないこと、大事な人に感染させないことを第一に行動をお願いします。

 保健室から体調管理のための記録用紙が提供されていますが、健康観察を徹底するとともに、本人や同居のご家族に体調不良がある場合、登校も部活動参加禁止を徹底すること。食事の場面で感染防止対策を徹底してください。この夏、他校で、閉じた空間での活動によると思われる集団感染の例が見られました。蔓延させる可能性が高い活動、例えば、大きな発声や身体接触を伴う活動のほか、部室の使用は極力避けてください。自宅に直に帰ること。暑い日がまだ続くので、熱中症を防ぐため水分補給に気を付ける…など、適切な行動をお願いします。

 豊岡高校は、昨年創立百周年を迎えました。大正9(1920)年、お茶づくりが当時から盛んだった豊岡町ほか現在の狭山市にあたる地域まで広がる当時の町や村による組合立豊岡農業学校として創立され、その後、実業学校となりました。「実業」というのは、農業や漁業、工業、商業など生産や流通に関する学問のことです。戦後の昭和23(1948)年の学制変更で豊岡実業高校となりました。みなさんの祖父母世代の方々には、「豊高」より「豊実」のほうが、通りがいいかもしれません。豊岡高校になったのは昭和39(1964)年のことです。1964年というのは東京オリンピックが行われた年ですので、めぐりあわせを感じます。平成25(2013)年には旧入間高校と合流して新校としてスタートし、「大学進学重視型単位制高校」として、現在に至っています。

 これまでの卒業生は2万5千名を超え、優秀な人材が数多くいらっしゃいます。研究の世界には小林駿介博士がいらっしゃいます。スマホには液晶ディスプレイが至る所に使われていますが、これを初めて実用化に結び付けたのが小林博士です。この研究から量産化に道がつき、世界的な普及につながったわけです。地元・入間市の木下元市長、狭山市の仲川元市長も豊高卒業生です。先ほど紹介した佐藤拳太郎選手がオリンピアンとして活躍したことも記憶に新しいところです。みなさんもこういう立派な先輩につづいてください。

 この夏休みにも、課外補習で小論文や面接について話をしています。面接の役に立つように、補講で発言を求めたりするのですが、小さい声でぼそぼそ話すことのなんと多いことか。つまり、本人は返事をして質問に答えているつもりなのかもしれませんが、全体として声が小さい。聞こえるように話さないと面接になりません。これは、あいさつも同じことです。あいさつに応えて声をかけたとしても相手に聞こえないと無視したのと同じ。人間関係を傷つけてしまうかもしれません。 

 ところで、この秋にも国政選挙が行われるようです。若い人を中心に関心が低いと言われますが、すでに18歳になっている3年生は有権者として大切な権利を行使してほしいと思います。政治への参加という大切な権利について考えてほしいと思います。若い人の投票率が低いと、投票率の高い層に向けた政策ばかりが進むことになります。政治というのはざっくばらんに言うと、たくさんの人が納めた税金をどのように使う(分配)かだと思うのですが、若い人の投票率が上がれば若者に向けた政策を打ち出され、よりふさわしい分配につながります。とにかく若い人に選挙に行ってほしいのです。

 2学期が始まりましたが、コロナのこういう状況ですから、大変な思いをしている人がいるかもしれません。ひとりで抱え込まずに、話してみてください。担任の先生をはじめ保健室の先生やカウンセラーの先生もいます。豊高の先生はすべて皆さんの味方です。校長室もドアが開いているときはいつでも歓迎です。緊張する必要はありませんから、気軽に話をしに来てください。

 2学期、3年次生は具体的な進路実現の時が迫ってきます。最後まで全力で頑張ってください。1・2年次生にとっても勉強や部活動に大いに飛躍する学期です。期待しています。

0

2021/07/19 1学期終業式あいさつ「人生の資産を増やすには」「本当に行きたい進路を選んでほしい」

 1学期の終わりにあたり、「人生の資産を増やすには形のない資産を増やすのが近道」、「本当に行きたい進路を選んでほしい」という二つの話をしようと思います。

  資産には大きく分けて「形のある資産」と「形のない資産」があります。形のある資産というのはお金や家や土地といった目に見える財産。お金で解決できる問題は多いですが、形のある資産は盗まれることもあれば壊れたり減ったりすることもありますね。

 いっぽう「形のない資産」のほうはいくら使っても減りません。形のない資産のほうは持っていると形のあるほうの資産を増やすことにもつながります。

 具体的には四つあって、

 一つめは「仕事で成功し、所得を増やすために役立つ資産」です。まずは知識や技能が浮かびますが、ここでは「地頭(じあたま)力」を推したいと思います。答えのないものに対してなんとか答えを出そうとすると知識、技能などをいろいろと結び付けていくことが必要です。それができる力を「地頭力」と呼びたいと思います。さらに「よい評判」です。そして、その評判を広めてくれる仕事仲間や身近に接する人も大きな資産です。信用できる人だと評判になればチャンスが広がります。いつでもさわやかに挨拶ができるというのは小さなことかもしれませんが、確実にあなたの評判が高まりますから、できる人には資産が増えていきます。

 二つ目は「肉体的、精神的な健康や幸福」です。たとえば、バランスのとれた生活ができること、友人や家族と良好な関係が保つことなどがここで言う資産になります。人間関係がうまくいかないと仕事どころではないことは想像がつくはずです。病気をしないとか、体力があるというのも大きな資産があることになります。

 三つ目は「人生の様々な場面で現れる変化を、新しいステージに移行させて成功させる要素」です。新しい経験を面白そうだと思える気持ちを持てるなら、これは大きな資産です。自分の適性を知っていること、いろいろな人間ネットワークをもっていることも大きな資産です。親身に相談に乗ってくれる人がいる。その人が専門家だったら心強いですね。

 四つ目は「時間という資産」です。仕事をするということは自分の時間を収入という目に見える資産に変えるということでもあります。必要なことを短い時間でできるなら、1日あたり24時間以上の働きができるかもしれません。「できる人」は、能力があって豊かになっているというより、時間を資産と考えて上手に増やして使っているのです。

  形のある資産も含めて、必要な資産をつくっていくわけですが、意識して増やすかどうかで結果に大きな違いが出ます。掛け算で増やすか、足し算と引き算で増やすか、大きな違いになりそうです。 

 二つ目の「本当に行きたい進路を選んでほしい」という話にうつります。

 本校が取組んでいる「大学進学重視型単位制高校」というのは、専門学校に進むことや就職することを除いているのではありません。進学・就職ともに本当に必要なのは「地頭力」ですが、その近道は学力をつけることですから、まずは学力をつけるためにできることをやっていこうということです。 

 3年生は部活動にも区切りがついて、進路に向けて準備を進めているところだと思います。生徒に聞くと、本校の推薦入試の選択肢が多いことを評価しているようです。推薦入試の選択肢が多いのは先輩方がむしろ一般入試で進学していたからです。「国公立大学推し」はその象徴というわけです。大学も専門学校も優秀な学生に来てもらうため入試制度を組むわけですが、何をもって優秀とするかは、現実には学力という尺度によります。一般入試で入学した人のほうが、推薦入試で入学する人より一般に学力が高いです。結果として優秀な成績で卒業し、社会で実績を上げているとすれば、そういう生徒がいる可能性の高い高校から入学させたいはずで、それが各校の推薦の依頼につながっています。したがって一般入試での入学者が少なくなると推薦入試の枠も少なくなるという現実があります。

 本音を言うと、推薦入試ありきで進路を決めるのではなく、本当に行きたい進路を選んでほしい。そのためには、自分の力をこんなものだと決めずに、少し背伸びをしてチャレンジしてほしい、ということです。

 体育祭の際にもお話ししましたが、みなさんは「豊高」すなわち、「(と)遠くを見据えて(よ)陽気に明るく、(こ)コツコツ地道に(う)上を目指す」という「豊高」のよさを引き続き追求してほしいと思います。

0

PTAのみなさんによる「花植え」花々が輝いています

 今週は連日まとまった雨が続き、雷雨など不安定な天気が続きました。きょうは久しぶりに朝から晴れました。いよいよ梅雨が明けるのではないかと思います。(その後、本日梅雨明けの発表がありました。)
 先日、PTAのみなさんが若草像のまわりを中心に花植えなど環境整備に取り組んでいただきました。花々が輝いています。

PTA環境整備

0

2021/07/14 生徒指導教室あいさつ「ネットに上がった情報は?」

 おはようございます。きょうの生徒指導の時間を前回の交通安全教室に続いて各教室を結んでオンラインで行います。

 きのう(7月13日)の野球部の試合に接し、わたくしも元気をもらいました。今回はテレビ中継もあり、活躍ぶりを見ることができましたが、ほかの部でもこれに負けないドラマがあちこちであったことと思います。すべてのドラマを紹介できればよいのですが、なかなかかないません。進路の準備に入ると、志願理由書や小論文を書くと思いますが、ぜひ思いを盛り込んでください。添削や面接練習などを通じて聞かせてもらうのを楽しみにしています。

 さて、この時間はネットやSNSの危険性についての話が中心になります。

 気軽に楽しめるSNSですが、書く内容については、自分の家の玄関前に大伸ばしにして貼っても「恥ずかしくない」もの、これにつきます。

 写真を1枚投稿しただけで、周囲に写った景色や時間帯などから、伝わらなくていい(伝わってほしくない)情報まで伝わってしまうこともあります。写ったマンホールのふたで場所が特定できるそうですし、先日の新聞には写ったかぎの番号が判別できた事例を紹介していました。玄関のかぎの番号がわかればすぐに複製できます。そうなると自宅でどんな防犯対策をしたところで意味がありません。

 写真の投稿は、想像以上に多くの情報が漏れてしまうということの怖さも認識しておく必要があります。気軽に写しただけの写真から思いもかけない個人情報をさらしてしまい、大切な人が犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

 一度ネットに出た内容をあとになって「なかったことにする」ことはできませんし、内容によっては相手に大きな精神的なダメージを与えてしまうかもしれません。そんな責任が取れますか。

 失敗に気づいて、誠実に対応し、削除しても100%完全に削除されたかどうかを確認することもできないことも知っておく必要があって、自分の勝手な判断で「この程度であれば大丈夫だろう」と思っていると、気付かないうちに犯罪行為となることもあるから注意が必要です。

 いろいろと考えなければならない問題があります。これから見ていただく映像からしっかり学んで、安全で快適な学校生活に繋げてください。

0