このホームページをご覧のみなさまへ

 埼玉県立豊岡高等学校のホームページをおたずねくださいましてありがとうございます。

 本校は、一世紀にわたって地域の期待を背負い、地域に根差した高校として、入間地区を中心とする地域社会の発展に寄与する人材を輩出してまいりました。

 本校は1920(大正9)年に豊岡町と近隣村による学校組合立豊岡農学校として設立され、豊岡実業学校、県立へ移管後豊岡実業高等学校となり、1964(昭和39)年に全日制普通科・定時制普通科併設の豊岡高等学校となりました。定時制は2011(平成23)年までの47年にわたり教育活動を展開してまいりましたが、1307名の卒業生をもって閉課程となり、現在は全日制のみを置いています。

 2013(平成25)年には、県立入間高等学校と統合、単位制・普通科高校として新たに出発し、「大学進学重視型」単位制高校として現在に至っております。2020(令和2)年に創立百周年を迎えました。卒業生数も2万5千名を数えています。(令和3年3月現在)

 新たな百年に向けて歩みだした豊岡高等学校に一層のご支援をお願い申し上げます。

中学生のみなさんへ

 

「地域に根ざし豊かな人間性を培う進学校」

 これが本校の目指す学校像です。

 豊岡高等学校は、一世紀にわたって地域社会の発展に寄与する人材を輩出してまいりました。これからも、目標に向けてひた走る、智勇兼備の骨太な若人を育ててまいります。

 そのための「舞台装置」として「大学進学重視型単位制」の学習システムがあります。単位制であるからこそ可能な豊富な科目選択や少人数授業を大いに活用し、綿密な履修指導によって進路希望に応じたカリキュラムを展開します。もちろん最も大事な基礎力は1年次でしっかり身につけ、2年次からは進路希望に応じた多様な教科・科目選択と少人数授業で実力をつけます。

 授業以外にも、「豊高ゼミ」など、充実した進学講習を行い、生徒一人ひとりの進路希望実現を全力でサポートします。さらに早朝から自習室を開放するとともに、インターネット利用の学習サイトを推奨し、自学自習を積極的に支援する環境を整えています。進路行事でも立志講演会や大学の教授による講義や大学視察などを行い、広い視野に立つ進路意識の啓発を図っています。

 また、生徒たちは、伝統ある学校行事や部活動など学校生活に積極的に取り組んでいます。平成元年度インターハイではアーチェリー部準優勝、陸上部出場をはじめ、様々な分野で生徒の活躍が見られました。これらの活動をとおして心と身体を鍛え、豊かな人間性を身に着けた立派な「豊高生」へと育っていきます。部活動加入率は各年次80%から90%です。伝統の生徒会本部役員や委員会の生徒たちもチームワークよく熱心に活動しています。

 興味を持った学問、部活動をはじめ多彩なスポーツ、芸術などを足掛かりに脳に大いに汗をかき、足腰を鍛える高校生活を楽しんでください。自身の進路を切り拓いて行ける、明るく楽しく着実に成長できる確かな進学校です。みなさんと豊岡高校でお会いできることを楽しみにしています。 

   令和3年5月

            埼玉県立豊岡高等学校長 内田 正俊

校長 内田 正俊
豊高校長室だより

豊高校長室だより

【豊高校長室だより】「豊高」のよいところ/なおしたほうがよいところ

 先日の学校評価懇話会で生徒の代表から話を聞く機会がありました。学校評議員から生徒に質問。「生徒から見て豊高の『よいところ』『ここは直した方がいいと思うところ』は?」こんな話が出てきました。

 「よいところ」はほぼ共通して豊高の進学指導のことを挙げていました。

「進学指導がていねい。」「指定校推薦が多い。」「ガイダンスが充実。」「豊ゼミや課外の補習などもたくさん行われている。」そのほかに「部活動の受賞が多彩で多く(該当の部員ではないが)自分のことのようにうれしい。」などなど。

「よくないところ」は、「先生に挨拶をしても返してくれない。」「体育祭など行事の企画に主体的にかかわる場面がもっとあってもいい。」「講義型の授業が多いように思う。もっと生徒に発言させてもよいのではないか。」など。

 あいさつについては、わたくしも毎朝先生方とともに校門に出て生徒に「おはよう」と声をかけていますが、あいさつを返してくれる生徒ばかりではないから、そう見えてしまうかもしれないな、と感じています。わたくしのほうもあいさつされて気づかずに(相手にスルーしたと思われて)いることもありそう。気をつけないと…。

 学校評議員さんや生徒代表のみなさんから出された貴重なお話は後日教職員にも共有します。ちなみに評議員会では生徒アンケート結果などから「生徒の自宅学習の時間が少ない。」という意見が出ていました。

0

【豊高校長室だより】「豊高手帳」を活用しよう!

 三者面談期間が終わり、期末考査まで2週間ほどに近づいてきました。

 あらためて「豊高手帳」を活用してほしいと思います。毎日のスケジュール管理はもちろんですが、振り返りや学習時間の記録スペースなど本校独自の工夫が詰め込まれている手帳です。もっと活用したいものです。スケジュール管理などはスマホでという人も多いと思いますが、アナログの手帳は全体を把握することに優れています。

 学習した内容を定着させる一番の方法はアウトプットすること、つまりほかの人に向かって発表したりして考えていることをことばにして自分の外にいったん出すこと。手書きなどアナログのよさは、書くことで考えをアウトプットすることにあります。また、紙の手帳はスマホと違い暗いところはちょっと苦手だが電池切れの心配なし。

0

【豊高校長室だより】受験勉強と学校の授業は別?

 先週から三者面談を実施しています。お忙しいところ、またお暑いところ、ご出席いただきありがとうございます。この時期、結果によっては部活動のほうは後輩に譲り受験勉強モードに入りはじめています。

 こんな話を聞きました。「受験勉強にシフトするから学校の授業は赤点を取らない程度に」

 焦りもあるでしょうからそう言いたくなる気持ちもわからないではありませんが、これは誤りです。有名予備校の講師に直接聞いた話ですが「塾や予備校での受験勉強と高校の授業を切り離すのは間違い。高校の授業をマスターしていることが前提で、初めて予備校の講義で解法を説明できる」とのこと。

 わたくしは、受験勉強は「水を流しながらザルにテープを貼っていく作業」だと思っています。最初は貼っても貼ってもテープははがれて流れてしまいます。それが少しずつザルの目がふさがれて水(学習内容)がたまっていくようになります。続けていくと、あるところから急に水がたまりはじめ(内容がわかるようになり)ます。

 まずは学校指定の問題集などを最後まで仕上げるのが近道。受験勉強と並行して、授業の進行に合わせて1週間に1度くらい見直すペースで取り組み、内容を定着させてみてはいかがでしょうか。

0

【豊高校長室だより】豊高の先生を、もっと「頼って」みよう!

 きょうから三者面談期間が始まります。お忙しいところ、またお暑いところ、ご出席いただきありがとうございます。

 さて、生徒に配布した6月8日付の「進路だより」に、こんな一節が載っていました。「我々教師は勉強のやり方を君たちに教えるのも仕事です。勉強の仕方がわからない人はぜひ先生を頼ってください。」

 これはそのとおりでして、たとえば入試問題などで解けないと悩んだとき、先生に質問をする一番のメリットは「(見慣れない公式や解法を使うのではなく)ふだん学習する解き方で作れる解答」を聞くことができること。

 授業担当の先生だけでなく、別の先生に質問してみるのもおすすめです。先生によって説明のポイントが違うのでいろいろな角度から考え直せると思います。

 豊高のある先生はパソコンに大量の問題ストックを持っていらっしゃいます。印刷して重ねれば校舎の高さくらいは軽く超えてしまうんではないでしょうか。

0

6月8日(火)体育祭閉会式講評

 おつかれさまでした。最高のパフォーマンスをつぶさに見ることができました。まずは、この体育祭にあたり企画、朝早くから準備にあたってくれたみなさんに感謝申し上げます。残念ながら保護者の方々においでいただくことはできませんでしたが、記録に残してくださったPTA広報の役員の方々、卒業アルバムのカメラマンの方々、写真部や広報の先生方に感謝したいと思います。体育科の先生方はじめ関係部活動のみなさんなど大会運営にかかわってくださった方々にお礼申し上げます。

 クラス対抗リレーを初めて見ましたが、「呼び物」にふさわしい競技でした。全員リレーは43人のリレーという大変な競技でしたが、それだけに団結力が高まったのではないか。応援が気持ちよかった。整然として「ヒートアップしつつ温かい感じ」というと日本語として変ですが、そんな感想を持ちました。自分のことのように声援を送る、すばらしいです。

 体育祭も「祭り」ですが、もともと「(神や仏を)祀(まつ)る」ということで、五穀豊穣を願う、収穫に感謝するということでした。今回の体育祭では「収穫に感謝」というより、生徒の新しい面が見えたなど、体育祭からの「収穫」が多かったものと思います。開会式でお話しした「と・よ・こ・う」を引き続き続けてもらえればありがたく思います。

 おかげさまですばらしい体育祭になりました。ご近隣の方々には一日お騒がせしましたが、高校生の熱気に免じてお許しいただき、関係のみなさまに重ねてお礼申し上げ、講評とします。

0

6月8日(火)体育祭開会式での校長あいさつです

 すでに熱戦を繰り広げているところですが、先週金曜日が雨になりましたので、延期され足掛け二週間の大会になりました。コロナ状況下で規模は縮小していますが、「二週間」ですから気持ち的には「全国・世界大会クラスの大会」だと思って競技に臨んでください。

 開会にあたり、二つお話しします。

 運動部の大会をはじめ文化部でもこの時期は合唱祭や吹奏楽祭などが行われるのですが、さまざまな大会が中止になったり出場しないよう指示があったりして、窮屈な形をとらざるを得ないことも気がかりです。その中でアーチェリー部と陸上部が関東大会に進出、アーチェリー部は先週の土日に神奈川・大磯で関東大会に出場、健闘しました。陸上部はこのあと19・20・21日に神奈川・川崎の等々力で北関東大会にのぞみます。拍手を贈り両部の活躍を讃えたいと思います。(拍手)

 さて、この2か月、みなさんを見ていて、みなさんは「豊高」だと感じました。すなわち、

 豊高の「と」は、「遠くを見据えて」の「と」

 豊高の「よ」は、「陽気に明るく」の「よ」

 豊高の「こ」は、「コツコツ地道に」の「こ」

 豊高の「う」は、「上を目指す」の「う」

 「遠くを見据えて陽気に明るく、コツコツ地道に上を目指す」生徒だということです。「豊高」のよさを引き続き追求してほしいと思います。

 このあと暑くなるようです。今年は何といっても感染予防、健康が大切ですから、水分補給や体調管理に留意し、体調変化のサインを感じたら休憩する、密を避けるなど健康第一の行動をとってください。引き続き、熱戦を期待しています。

0

【豊高校長室だより】目立たない梅の木と発音

 

 目立たない場所なのですが、校内に梅の木があります。6月に入り、この時季を「梅雨」というくらいですから、実がたくさんついています。梅の木の足元に、たくさんの実が落ちています。梅干しなどに加工できればいいのですが、もったいない。聞いてみると、「生理落果」という現象だそうで、実がつきすぎると、木自身で実を落としてバランスをとるのだそうです。初めて知りました。
 ところで、目立たないながら「うめ(梅)」の「う」の発音についても(方言にもよるので、この近隣では)一通りではないのです。
 くちびるを丸めて「ウ」と発音していると思っている人もいるかもしれません。実際にはくちびるは丸くなっていません。むしろ「ンめ」と書いたほうが近いのでは。「_め」(〈_〉は実際に発音せずくちびるを閉じるだけで「空白の一瞬」にする。)でも違和感なく伝わるはず。学校の近くに航空自衛隊の基地があります。「こうくう(航空)」には「う」がふたつ出てきますが、「こ」のあとの「う」と「く」のあとの「う」は、「うめ」の「う」とも異なる発音になっていること、お気づきですか?

ウメの実がついています

 

0

【豊高校長室だより】あすから中間考査

 あすから中間考査が始まります。1年次生にとっては高校での最初の考査です。中学校の時と同じようにはいかないかもしれません。まずは一つ一つ山を確実に越えてほしいものです。
 3年次生は、日ごろの授業のまとめである考査とともに、進学のための準備にも気を抜けません。きょうも進学補講が開講されていますし、このあとすぐ模試も予定されています。
 自習用に開放している教室のほか職員室前の廊下に個別学習ブースの机(キャレル)が準備してあり思い思いのやり方で勉強しています。

明日から中間考査

0

【豊高校長室だより】ことし100年の「彰義隊遭難者の碑」

 校門わきに「彰義隊遭難者の碑」(入間市指定文化財)があります。1921(大正10)年に建てられたものと聞き、今年で100年ということで豊高との縁を感じ調べてみました。

 「彰義隊」というのは、幕末、将軍徳川慶喜を警護するため、渋沢成一郎らによって結成された武士隊です。埼玉出身の渋沢栄一が話題になっていますが、成一郎は栄一のいとこにあたります。

 事件は、1868(慶応4)年3月、彰義隊の隊士の一派が村に千両の軍資金を出すよう要求、村人たちは無茶な要求をする隊士たちをニセモノと考え要求をはねつけたことから刃傷沙汰となり、隊士たちが殺害されたということです。

 碑はのちの彰義隊隊長でもあった本多晋(ほんだ・すすむ)が事件の供養のため建てたもので、村人が供養のために建てたお地蔵さまと並んで立っていたようですが、お地蔵さまのほうは市内の寺に移されています。

彰義隊遭難者の碑

 

0