日誌

校長だより

放送による3学期始業式での校長講話を紹介します

 全校生徒の皆さん、新年、明けましておめでとうございます。校長の町田です。

 コロナ対策ということで、例年と違って静かな正月を過ごされたことと思います。冬休み中、皆さんそれぞれの時間を有効に使ってくれたでしょうか。

 連日のコロナ関連のニュースを見ますと、新型コロナウイルスというのは、相当手ごわい存在だと感じます。イギリスと南アフリカで感染力の高い変異種が現れていて、国内でも既にイギリスからの入国者から検出されているというニュースを聞くと、今後、第4波が来るのではと気になります。

 年末年始、初詣の人の動きは減りましたが、ショッピングモールやアウトレットは大賑わい。箱根駅伝もかなりの人が沿道で応援している様子がテレビ画面に映し出されました。コロナに対する慣れ、普通に生活していると感染リスクの実感がわきにくいのは確かです。ですが、首都圏の感染拡大の状況は特に医療現場においては危機的な状況にあると認識しなければいけません。

 私たちに何ができるのか、改めて感染防止の基本的な対策である、マスクの着用、密にならない、手洗い、食事中はしゃべらない、対面にならない、大声を出さないなど、きちんと守ることです。また、発熱などの風邪症状があったら登校しない、家族に同様の症状があっても登校しないということもしっかり守ってください。

 学校としての感染防止対策として、今日から15日まで、登校時の電車やバスの密を避けるために登校時間を1時間遅らせること、また、集団感染の事例が相次いでいる部活動については、17日まで原則中止とすることは既にお知らせしました。ですが、本日、1都3県を対象に緊急事態宣言が出される予定です。これを受けて、学校も新たな対応をするようになる可能性がありますので、決まりましたら皆さんにお伝えします。

 さて、今年は丑(うし)年。先を急がず一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年と言われています。コロナ禍から抜け出すのも辛抱強く確実な方法で頑張っていくことが大切だということでしょう。私たち一人一人にとっても、一歩一歩着実に物事を進めることは大事なことです。丑年の今年は、そのあたりを意識することにしましょう。

 私たちの身の回りでなかなか牛を見かける機会はありませんが、学問の神様、菅原道真を祀った天満宮には、牛の像が置かれていますので、機会があったら探してみてください。道真には牛にまつわる様々ないわれがあって、牛を神の使いとしているのだそうです。勉強を頑張ろうという皆さんには、天神様にあやかって牛のことを好きになってもらうといいかもしれませんね。

 丑年のこの1年、目標をしっかり持って、主体的に自分のやるべき事を着実にこなしていくことが将来の成功につながる、と捉えてみてください。

 また、「一年の計は元旦にあり」ということわざがありますが、新しい年、新しい学期を迎えたこの時期、最初が肝心ですので、自分の目標や計画の点検をして、新たな気持ちで頑張ってほしいと思います。

 3年次生はいよいよ大学入学共通テストや一般選抜に臨む時が近づいてきました。くれぐれも体調を崩すことなく、ぜひ、合格を勝ち取れるよう頑張ってください。進路が決まっている人も含め、3年間で学力的にも精神的にも最も充実した状態で卒業式を迎えてほしいと思います。

 1,2年次生もそれぞれの年次の集大成の学期ですので、しっかりやってくれることを期待します。

 3学期、ウィズコロナで我慢が続きますが、健康に気を付けて頑張りましょう。

0