豊高校長室だより

豊高校長室だより

【豊高校長室だより】受験勉強と学校の授業は別?

 先週から三者面談を実施しています。お忙しいところ、またお暑いところ、ご出席いただきありがとうございます。この時期、結果によっては部活動のほうは後輩に譲り受験勉強モードに入りはじめています。

 こんな話を聞きました。「受験勉強にシフトするから学校の授業は赤点を取らない程度に」

 焦りもあるでしょうからそう言いたくなる気持ちもわからないではありませんが、これは誤りです。有名予備校の講師に直接聞いた話ですが「塾や予備校での受験勉強と高校の授業を切り離すのは間違い。高校の授業をマスターしていることが前提で、初めて予備校の講義で解法を説明できる」とのこと。

 わたくしは、受験勉強は「水を流しながらザルにテープを貼っていく作業」だと思っています。最初は貼っても貼ってもテープははがれて流れてしまいます。それが少しずつザルの目がふさがれて水(学習内容)がたまっていくようになります。続けていくと、あるところから急に水がたまりはじめ(内容がわかるようになり)ます。

 まずは学校指定の問題集などを最後まで仕上げるのが近道。受験勉強と並行して、授業の進行に合わせて1週間に1度くらい見直すペースで取り組み、内容を定着させてみてはいかがでしょうか。

0