豊高校長室だより

豊高校長室だより

6月8日(火)体育祭閉会式講評

 おつかれさまでした。最高のパフォーマンスをつぶさに見ることができました。まずは、この体育祭にあたり企画、朝早くから準備にあたってくれたみなさんに感謝申し上げます。残念ながら保護者の方々においでいただくことはできませんでしたが、記録に残してくださったPTA広報の役員の方々、卒業アルバムのカメラマンの方々、写真部や広報の先生方に感謝したいと思います。体育科の先生方はじめ関係部活動のみなさんなど大会運営にかかわってくださった方々にお礼申し上げます。

 クラス対抗リレーを初めて見ましたが、「呼び物」にふさわしい競技でした。全員リレーは43人のリレーという大変な競技でしたが、それだけに団結力が高まったのではないか。応援が気持ちよかった。整然として「ヒートアップしつつ温かい感じ」というと日本語として変ですが、そんな感想を持ちました。自分のことのように声援を送る、すばらしいです。

 体育祭も「祭り」ですが、もともと「(神や仏を)祀(まつ)る」ということで、五穀豊穣を願う、収穫に感謝するということでした。今回の体育祭では「収穫に感謝」というより、生徒の新しい面が見えたなど、体育祭からの「収穫」が多かったものと思います。開会式でお話しした「と・よ・こ・う」を引き続き続けてもらえればありがたく思います。

 おかげさまですばらしい体育祭になりました。ご近隣の方々には一日お騒がせしましたが、高校生の熱気に免じてお許しいただき、関係のみなさまに重ねてお礼申し上げ、講評とします。

0