豊高校長室だより

豊高校長室だより

【豊高校長室だより】小林駿介先生(豊岡高校3回・入間市出身)が、2021年3月「日本学士院賞」を受賞!

 本日、豊高の同窓会長さんが学校にお見えになり、豊高同窓生である小林駿介先生(高校3回・入間市出身)のお話をうかがいました。2021年3月、日本学士院賞を受賞されました。受賞の業績は「液晶の物性解明と高性能液晶ディスプレイの研究」とのこと。学術研究への賞としてもっとも名誉ある賞です。生徒や中学生の皆さんにより身近な業績として、1972年に日本で初めて液晶ディスプレイを実用化につなげたことが挙げられます。スマホをはじめ、パソコン、タブレットから時計、テレビ、カーナビに電車の案内表示…と数え切れません。これらの世界的な普及のためには高性能でありかつ不良品を出さずに大量生産できることが重要。情報化社会と言われて久しいですが、豊高の先輩の研究が大きく寄与していたのですね。

0