活動日誌

(男子バドミントン部)令和4年度学校総合体育大会西部支部予選会・個人戦 結果報告

5月2日~10日の期間中に、学校総合体育大会西部支部予選会・個人戦(ダブルス・シングルス)が所沢・狭山市民体育館で行われました。ダブルスでは1ペアが県大会出場権を獲得しました。一方で、県大会を目指してここまで一生懸命に取り組んできましたが、接戦の末に涙をのんだペアもありました。シングルスでは、ベスト32止まりでしたが、昨年度の成績を超える結果を残しました。

 

今大会、特にダブルスは自信を持って大会に送り出しました。しかし、結果は改めて3年生最後の大会で勝つ難しさを感じさせられました。負けてしまった直後は声をかけられませんでした。ただ、この3年間、高校で初めて競技スポーツとしてバドミントンをやり始めて、各大会で県大会を逃したことがないチームに成長したというのはすごいことだと思います。3年生にはいろんな経験をさせてもらいました。ありがとう!

 

2年生は、今大会の経験を生かして夏の新人戦に向けて心技体の成長を期待します。

 

(男子・ダブルス)

松永・田中・・・ベスト16(9位)※県大会出場

大甕・佐々木・・・ベスト32

斎藤(俊)・宮﨑、三木・森田、中北・添野・・・ベスト64

斎藤(彰)・池田・・・ベスト128

北中・辻山・・・初戦敗退

 

(男子・シングルス)

田中、斎藤(彰)・・・ベスト32

宮﨑、三木・・・ベスト64

森田、池田、松永・・・ベスト128

中北・・・初戦敗退