豊高校長室だより

【豊高校長室だより】2021/10/11 「自分らしく生きる」特別授業が行われました。

 10月11日(月)の選択科目・生物では、入間市議会議員の細田智也(ほそだ・ともや)氏をお迎えし、特別授業が行われました。わたくしも生徒とともにお話をうかがいました。

 「性」には「4つの性」があり、生まれた時の性以外はグラデーションがあるというお話しから、幼児期からの違和感、性転換や戸籍上改名に踏み切った経緯や葛藤など、ご自身のアイデンティティに関する貴重なお話をうかがいました。

 氏は女性から男性のトランスジェンダーの議員として知られています。4年前に当選、女性から男性へのトランスジェンダーである議員としては地方・国会を含め世界初とのことです。入間市ではことし9月からLGBTなど性的マイノリティを対象にパートナーシップ・ファミリーシップ宣誓制度がスタートしており、このために入間市への引っ越しを検討する方もいらっしゃるとか。隣の狭山市では、おりしも本日パートナーシップ宣誓制度が始まったとのこと。

 マイノリティは「いない」のではなく「見えない」だけだと考え、まずは異性愛を前提とした言い方をやめる、違いを個性としてとらえる、というお話に多くの考える材料をいただいた授業でした。

 この科目は3年次生の選択科目で、将来看護師や診療放射線技師をはじめ医療従事者を目指そうとする人が多く選択しています。

細田智也氏の特別授業