日誌

卒業生の保護者の皆様へ(校長より)

 本日は、ご卒業おめでとうございます。一生に一度の、我が子の高校卒業の晴れ姿に接する機会を失わせてしまったとに、大変申し訳なく思っております。

 今年度、大規模空調工事の関係で文化祭が1日開催、体育祭も雨で一部種目カット、三送会も中止と、卒業生には楽しみにしていた場面でいくつもの我慢をしてもらいました。卒業式もそうです。卒業生と教職員のみ、卒業証書授与は代表生徒1名、祝辞も送辞・答辞もありませんでしたが、温かい雰囲気の中で卒業生を送り出すことができたのではないかと思います。最後のホーム・ルームを終え、卒業生同士あるいは卒業生と先生方とが笑顔で接している様子を見て、ホッとした気持ちになりました。

 卒業生たちは、豊岡高校生らしく実によくやってくれました。学校の評判が年々よくなっていることに、彼らが大いに貢献してくれことは間違いありません。すばらしい生徒たちだったと誇りに思いますし、今後の活躍が楽しみです。これも保護者の皆様の温かい後ろ盾があったからこそだと思います。保護者の皆様に対しまして3年間のご苦労をねぎらうとともに、心よりお祝い申し上げます。また、学校にご協力いただきましたことを深く感謝申し上げます。式の中で直接申し上げるべきところ、文面になってしまいましたことをご容赦ください。