豊高校長室だより

【豊高校長室だより】2022/5/16 きょうは何の日?

 部活動の大会が佳境に入っています。このホームページでも紹介していますが、生徒の活躍のニュースが続いています。

 さて、333年前の5月16日は、俳人松尾芭蕉が奥の細道の旅に出た日といわれます。元禄2(1689)年のこの日、46歳の芭蕉は弟子の曾良とともに東北から北陸を回る旅に出ました。旅は紀行「奥の細道」として読み続けられています。当時の46歳はかなりの高齢です。精力的に行脚するところから芭蕉翁は忍者ではないかという説もあるくらいです。

 本文には「弥生も末の七日、明ぼのの空朧々(ろうろう)として、月は有明にて」とあり、3月27日ですが、この年は正月がうるう月(1月が二度あった)で、現在の暦では5月16日にあたるというわけです。曾良の日記には「27日夜、かすかべに泊まる。江戸より九里余」とあり、埼玉の春日部にいたようですから、有名な出立のくだりは脚色されているようです。