活動報告

2022年6月の記事一覧

アーチェリー部 活動報告

先日6月19日(日)に国民体育大会 アーチェリー競技 少年の部の最終選考会が行われました。本校からは男子部員4名と女子部員2名が出場しました。

 

女子 埼玉県代表 三浦 3年

 

男子 埼玉県補欠選手 清水 2年

 

女子の代表に決定した三浦選手は昨年に引き続き国体の選手に選ばれました!!

また、男子補欠選手の清水選手は2年生ながら全体4位に入り、補欠選手として登録されました。

競技人口が少ないとは言え、高校に入り初心者から始めた競技で国体選手にまで上り詰める精神力と練習量はとてもすごいと感じます。

他の部員たちも、彼らに追いつけ追い越せと切磋琢磨して、より良いチームになることを期待しています。

 

アーチェリー部 活動報告 インターハイ予選結果

6月12日に上尾橘高校グラウンドにおいて、令和4年度インターハイ予選が行われました。

以下結果です。

男子団体

2位(吉岡、清水、二瓶)

男子個人

2位 吉岡 3位 清水 6位 二瓶 7位 竹田

女子団体

2位(三浦、坂田、斎藤)

女子個人

2位 三浦

男子個人インターハイ出場

吉岡虎太郎

 

このように強豪ひしめく埼玉県大会の中で非常に優れた成績を残してくれました。

また男子個人では、2年生ながら吉岡君のインターハイ出場が決定しました!!

 

残念ながらチームの目標としていた団体でのインターハイ出場とはなりませんでしたが、男子団体は1位のチームとわずか10点差という僅差での敗北でした。

試合後監督から、この10点をどのようにとらえるのか、という話がありました。先日の関東大会に引き続き、これからのアーチェリー部を背負っていく2年生がどのようにチームを作るのか、非常に期待しています。

 

そして3年生部員はこのインターハイ予選をもって引退となりました。関東大会、全国大会に出場する部員もおり、豊岡高校アーチェリー部を1年間背負ってきた3年生には顧問一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

3年生の価値は試合の点数や残した成績ではなく、先輩から部を受け継いで、彼ら自身の色に染め、後輩たちに受け継いでいく姿にあると感じました。後輩たちは3年の背中を常に追い求めていたように感じます。コロナ禍で6月から部活スタートとなった代ではありましたが、間違いなく豊岡高校アーチェリー部を良くしてくれた生徒たちでありました。

 

気持ち新たに、新体制は14日火曜日からスタートします。今後も豊岡高校アーチェリー部の活躍にご期待ください。

 

 

 

アーチェリー部活動報告 

6月の4日、5日に埼玉県宮代町にて行われた関東大会に2年次部員の髙城君が出場しました。2年部員全体でも初の上級大会出場ということで、補助員として来ていた他の2年部員の応援を大いに受けながら行射していました。その結果、見事予選を突破し決勝トーナメントにコマを進めました!!

残念ながら決勝トーナメント初戦で敗退し、関東ベスト32という結果ではありましたが、昨年度同大会に出場した先輩たちの成績に勝ったことで本人の自信にもつながったことでしょう!まだ2年生であることも含め、今後の活躍に期待しています。