日誌

2020年3月の記事一覧

卒業生の保護者の皆様へ(校長より)

 本日は、ご卒業おめでとうございます。一生に一度の、我が子の高校卒業の晴れ姿に接する機会を失わせてしまったとに、大変申し訳なく思っております。

 今年度、大規模空調工事の関係で文化祭が1日開催、体育祭も雨で一部種目カット、三送会も中止と、卒業生には楽しみにしていた場面でいくつもの我慢をしてもらいました。卒業式もそうです。卒業生と教職員のみ、卒業証書授与は代表生徒1名、祝辞も送辞・答辞もありませんでしたが、温かい雰囲気の中で卒業生を送り出すことができたのではないかと思います。最後のホーム・ルームを終え、卒業生同士あるいは卒業生と先生方とが笑顔で接している様子を見て、ホッとした気持ちになりました。

 卒業生たちは、豊岡高校生らしく実によくやってくれました。学校の評判が年々よくなっていることに、彼らが大いに貢献してくれことは間違いありません。すばらしい生徒たちだったと誇りに思いますし、今後の活躍が楽しみです。これも保護者の皆様の温かい後ろ盾があったからこそだと思います。保護者の皆様に対しまして3年間のご苦労をねぎらうとともに、心よりお祝い申し上げます。また、学校にご協力いただきましたことを深く感謝申し上げます。式の中で直接申し上げるべきところ、文面になってしまいましたことをご容赦ください。

0

卒業式での校長式辞を紹介します

式 辞

 今日は、あいにくの天気となりましたが、ここ入間の地も例年より早い春の訪れを感じさせる陽気となりました。

 今、創立百周年を目前に、歴史と伝統ある豊岡高校から巣立っていく320名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。 

 本来なら、多くの御来賓と保護者の方々そして在校生に見守られながら、盛大に執り行われるはずの卒業式が、このような簡素な形で卒業生の皆さんを送り出さなければならなくなったことは、大変残念です。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止という戦いに、私たちひとり一人が立ち向かっている。私たちの行動が自らの健康を守り、市民の健康を守っているとの自負をもって、理解していただきたいと思います。 

 何よりも、皆さんが豊岡高校生として3年間、学業や部活動に励み、ひとり一人の確かな成長と活動の記録が本校の歴史に刻み込まれたこと、そして、皆さんひとり一人が未来への希望を抱きながら輝きを放って卒業していくことを、とても嬉しく思います。皆さんの門出を心から祝福します。 

 皆さんそれぞれがいろいろな思いで卒業式を迎えたことと思います。楽しかったこと、辛かったこと等、たくさんの思い出が甦ってくることでしょう。皆さんには、伝統ある豊岡高校で、高い志を持って頑張ってきたことに自信と誇りを持ってください。かけがえのない思い出を共に作ることができた仲間や先生方との出会いに感謝してください。そして、家に帰ったら、皆さんを温かく見守ってくださった保護者の方に、「ありがとうございます」と御礼の言葉を述べてください。 

 今、医療の最前線では、新型コロナウイルスの新薬開発が急ピッチで進められていますが、皆さんは、かつて世界の近代医学の先端で日本人が活躍していたことをご存じですか。新しい千円札の図柄にもなっている、日本近代医学の父と呼ばれる北里柴三郎です。黄熱病研究のためにアフリカで亡くなった野口英世も北里の弟子のひとりです。

 北里は、今からおよそ130年前、留学先のドイツで、世界で初めて破傷風菌の純粋培養に成功し、血清療法という革新的な方法を考案して世界に絶賛されました。また、当時ヨーロッパで大流行していたジフテリアの血清療法の研究によって、日本人初のノーベル賞候補にもなりました。ところが、ノーベル賞を受賞したのは北里と一緒に研究した研究者だけでした。なぜか。理由は、東京大学の恩師が唱えた説を誤りとする論文を発表したため、日本国内では「恩知らず」レッテルを貼られてしまい、ノーベル賞受賞のチャンスをつぶされてしまったのです。

 でも、北里は権力に屈することなく、自分の研究成果に自信を持ち、「医療の使命は病気を予防することにある」という信念を貫き通して、一生を伝染病研究に捧げたのです。 

 皆さんも志を抱いてそれぞれの道に歩んでいくことと思いますが、その志、信念をこの先もずっと大切にし続けてください。これからの時代、幾多の困難が皆さんを待ち受けていることでしょうが、北里柴三郎は「人に熱と誠があれば、何事でも達成する」と言っています。皆さんが将来、それぞれの道で情熱を傾け、誠実さをもって、社会に貢献する活躍をしてくれることを大いに期待しています。 

 最後に、ここにはいらっしゃいませんが、保護者の皆様と地域の皆様には、本校の教育のためにご支援とご協力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

 卒業生ひとり一人の前途が健やかで幸多きことを心から祈念して式辞といたします。

 令和2年3月14日

                     埼玉県立豊岡高等学校長 町田 邦弘 

0