豊高校長室だより

2021年3月の記事一覧

3学期終業式での校長講話を紹介します

 全校生徒の皆さん、おはようございます。校長の町田です。

 コロナに翻弄された令和2年度、豊岡高校にとっては創立百周年の節目の年もいよいよ終わります。3学期を振り返りますと、結果としてまるまる緊急事態宣言の期間に入ってしまいましたので、最後まで不自由な学校生活を送ってもらうことになってしましました。 

 日々の生活では始業時刻の1時間繰り下げと40分の短縮授業、部活動の中止、昼休みの黙食。学校行事では駅伝大会の中止、リモートによる三送会、2年次生は修学旅行に代わる行事の中止など、3学期も多くの我慢をしてもらって申し訳なく思っています。それでも三送会で上映された映像のクオリティの高さには感心させられましたし、演出も考えられていて、生徒会を中心によく頑張ってくれたと嬉しく思いました。 

 部活動は公式戦のある部活を除いて練習日数と時間が制限されての再開となりましたが、段階的に通常に戻っていきますので、もう少し我慢してください。 

 40分の短縮授業については、通常に比べて授業時間が2割少なかったわけですから少し心配しました。先生方には授業の遅れを出さないよう工夫して指導していただいたと思いますが、この欠けた学習時間分を皆さんはどのように補ったでしょうか。皆さんの学力の向上が2割少なくなったとすれば悲しいですが、そんなことはなかったようですね。 

 学年末成績を見ますと、1、2年次生とも成績優良者が増え、特に2年次生は3割近くの人が成績優良だったというのは、大変すばらしいことです。また、英語検定でも受験者、合格者ともに増え、準1級合格という快挙を成し遂げた人がいて大変嬉しく思います。

 先日行われた「卒業生による進路講演会」では、皆さん真剣に先輩の話に食い入っていましたね。この春の卒業生もコロナ禍で不安を抱えながらの進路準備を進めたはずですが、国公立大学2名合格、浪人生もがんばって難関の一橋大学に合格しました。私立大学では難関の早稲田大学や青山学院大学、明治大学に合格するなど、健闘が光りました。皆さんも自分の夢をつかむため、先輩に負けないよう志を高くがんばってほしいと思います。

            *      *      *

 先日、ある会議に出席したときに、ある委員の元校長先生から「いい詩を見つけた」と教えていただいた詩を紹介したいと思います。これは、終戦後まもない昭和23年、新しい6・3・3制の教育制度で誕生した中学校の教科書に載っていたそうです。戦争のない新しい時代を生きる子どもたちに、こうあってほしいと願ったのでしょう。作者は19世紀イギリスの芸術評論家で社会思想家のジョン・ラスキンという人です。

   学校へ行く路

 冬になって氷がはると 冬になって雪がふると

 学校へ行く路は、長くさびしい。

 その路を生徒が行く。

 

 だが、また、ゆかいな夏が来て 鳥が鳴き、果実が実り、花が咲けば

 学校へ行く路は、なんと短いのだろう。

 楽しい時間が、なんと速く過ぎることか!

 

 しかし、勉強が好きで 知恵を得ようとはげむ子には

 学校へ行く路は、いつも短い。

 照る日も、雪の日も。また雨の日も。

 

 どの子も、どの子も、心は気高く、 何をするにも心をこめて

 いつ話すにも心やさしく すべての人の喜びとなれ。

 どんなところにいるときでも。

 

 豊高生もこの詩のように勉強に励み、気高い心をもった、心優しい、人々から喜ばれる生徒であってほしいと願います。

                  *      *      *

 さて、緊急事態宣言は解除されましたが、安心はできません。県内では関東工業自動車大学校で実に140人感染というクラスターが発生しています。変異ウイルスの拡大も気になります。緊急事態宣言解除以降の学校生活については、県教育委員会からの通知に基づいて、次のとおりおこないます。

  (内容は保護宛通知文を参照)

 さあ、4月から皆さんは2年次生、3年次生になります。新入生も入ってきます。皆さん一人一人が成長し、飛躍する一年のスタートがしっかり切れるよう、春休み中の健康管理を万全にしていただくとともに、心の準備と授業の準備をしっかりやってほしいと思います。

 全員が元気な姿で4月8日に集えることを楽しみにしています。

0