豊高校長室だより

2021年7月の記事一覧

2021/07/19 1学期終業式あいさつ「人生の資産を増やすには」「本当に行きたい進路を選んでほしい」

 1学期の終わりにあたり、「人生の資産を増やすには形のない資産を増やすのが近道」、「本当に行きたい進路を選んでほしい」という二つの話をしようと思います。

  資産には大きく分けて「形のある資産」と「形のない資産」があります。形のある資産というのはお金や家や土地といった目に見える財産。お金で解決できる問題は多いですが、形のある資産は盗まれることもあれば壊れたり減ったりすることもありますね。

 いっぽう「形のない資産」のほうはいくら使っても減りません。形のない資産のほうは持っていると形のあるほうの資産を増やすことにもつながります。

 具体的には四つあって、

 一つめは「仕事で成功し、所得を増やすために役立つ資産」です。まずは知識や技能が浮かびますが、ここでは「地頭(じあたま)力」を推したいと思います。答えのないものに対してなんとか答えを出そうとすると知識、技能などをいろいろと結び付けていくことが必要です。それができる力を「地頭力」と呼びたいと思います。さらに「よい評判」です。そして、その評判を広めてくれる仕事仲間や身近に接する人も大きな資産です。信用できる人だと評判になればチャンスが広がります。いつでもさわやかに挨拶ができるというのは小さなことかもしれませんが、確実にあなたの評判が高まりますから、できる人には資産が増えていきます。

 二つ目は「肉体的、精神的な健康や幸福」です。たとえば、バランスのとれた生活ができること、友人や家族と良好な関係が保つことなどがここで言う資産になります。人間関係がうまくいかないと仕事どころではないことは想像がつくはずです。病気をしないとか、体力があるというのも大きな資産があることになります。

 三つ目は「人生の様々な場面で現れる変化を、新しいステージに移行させて成功させる要素」です。新しい経験を面白そうだと思える気持ちを持てるなら、これは大きな資産です。自分の適性を知っていること、いろいろな人間ネットワークをもっていることも大きな資産です。親身に相談に乗ってくれる人がいる。その人が専門家だったら心強いですね。

 四つ目は「時間という資産」です。仕事をするということは自分の時間を収入という目に見える資産に変えるということでもあります。必要なことを短い時間でできるなら、1日あたり24時間以上の働きができるかもしれません。「できる人」は、能力があって豊かになっているというより、時間を資産と考えて上手に増やして使っているのです。

  形のある資産も含めて、必要な資産をつくっていくわけですが、意識して増やすかどうかで結果に大きな違いが出ます。掛け算で増やすか、足し算と引き算で増やすか、大きな違いになりそうです。 

 二つ目の「本当に行きたい進路を選んでほしい」という話にうつります。

 本校が取組んでいる「大学進学重視型単位制高校」というのは、専門学校に進むことや就職することを除いているのではありません。進学・就職ともに本当に必要なのは「地頭力」ですが、その近道は学力をつけることですから、まずは学力をつけるためにできることをやっていこうということです。 

 3年生は部活動にも区切りがついて、進路に向けて準備を進めているところだと思います。生徒に聞くと、本校の推薦入試の選択肢が多いことを評価しているようです。推薦入試の選択肢が多いのは先輩方がむしろ一般入試で進学していたからです。「国公立大学推し」はその象徴というわけです。大学も専門学校も優秀な学生に来てもらうため入試制度を組むわけですが、何をもって優秀とするかは、現実には学力という尺度によります。一般入試で入学した人のほうが、推薦入試で入学する人より一般に学力が高いです。結果として優秀な成績で卒業し、社会で実績を上げているとすれば、そういう生徒がいる可能性の高い高校から入学させたいはずで、それが各校の推薦の依頼につながっています。したがって一般入試での入学者が少なくなると推薦入試の枠も少なくなるという現実があります。

 本音を言うと、推薦入試ありきで進路を決めるのではなく、本当に行きたい進路を選んでほしい。そのためには、自分の力をこんなものだと決めずに、少し背伸びをしてチャレンジしてほしい、ということです。

 体育祭の際にもお話ししましたが、みなさんは「豊高」すなわち、「(と)遠くを見据えて(よ)陽気に明るく、(こ)コツコツ地道に(う)上を目指す」という「豊高」のよさを引き続き追求してほしいと思います。

0

PTAのみなさんによる「花植え」花々が輝いています

 今週は連日まとまった雨が続き、雷雨など不安定な天気が続きました。きょうは久しぶりに朝から晴れました。いよいよ梅雨が明けるのではないかと思います。(その後、本日梅雨明けの発表がありました。)
 先日、PTAのみなさんが若草像のまわりを中心に花植えなど環境整備に取り組んでいただきました。花々が輝いています。

PTA環境整備

0

2021/07/14 生徒指導教室あいさつ「ネットに上がった情報は?」

 おはようございます。きょうの生徒指導の時間を前回の交通安全教室に続いて各教室を結んでオンラインで行います。

 きのう(7月13日)の野球部の試合に接し、わたくしも元気をもらいました。今回はテレビ中継もあり、活躍ぶりを見ることができましたが、ほかの部でもこれに負けないドラマがあちこちであったことと思います。すべてのドラマを紹介できればよいのですが、なかなかかないません。進路の準備に入ると、志願理由書や小論文を書くと思いますが、ぜひ思いを盛り込んでください。添削や面接練習などを通じて聞かせてもらうのを楽しみにしています。

 さて、この時間はネットやSNSの危険性についての話が中心になります。

 気軽に楽しめるSNSですが、書く内容については、自分の家の玄関前に大伸ばしにして貼っても「恥ずかしくない」もの、これにつきます。

 写真を1枚投稿しただけで、周囲に写った景色や時間帯などから、伝わらなくていい(伝わってほしくない)情報まで伝わってしまうこともあります。写ったマンホールのふたで場所が特定できるそうですし、先日の新聞には写ったかぎの番号が判別できた事例を紹介していました。玄関のかぎの番号がわかればすぐに複製できます。そうなると自宅でどんな防犯対策をしたところで意味がありません。

 写真の投稿は、想像以上に多くの情報が漏れてしまうということの怖さも認識しておく必要があります。気軽に写しただけの写真から思いもかけない個人情報をさらしてしまい、大切な人が犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

 一度ネットに出た内容をあとになって「なかったことにする」ことはできませんし、内容によっては相手に大きな精神的なダメージを与えてしまうかもしれません。そんな責任が取れますか。

 失敗に気づいて、誠実に対応し、削除しても100%完全に削除されたかどうかを確認することもできないことも知っておく必要があって、自分の勝手な判断で「この程度であれば大丈夫だろう」と思っていると、気付かないうちに犯罪行為となることもあるから注意が必要です。

 いろいろと考えなければならない問題があります。これから見ていただく映像からしっかり学んで、安全で快適な学校生活に繋げてください。

0

2021/07/09 交通安全教室あいさつ「自転車事故防止と保険」

 おはようございます。交通安全教室を各教室を結んでオンラインで行うにあたり、二つお話しします。 

 報道によりますと、7月2日に東京オリンピックの陸上の代表選手が発表されました。豊高卒業生である佐藤 拳太郎選手(2013年3月卒業・富士通所属)が東京オリンピック1600mリレー代表選手に決まりました。

 ホームページでも紹介しましたが、佐藤先輩が2021年5月ポーランド・ホジュフで行われた「陸上・世界リレー大会男子1600mリレー」の第3走者として登場し快走し、日本のこの種目初となる銀メダル獲得に貢献しています。東京オリンピックでの豊高の先輩の活躍を期待したいと思います。

 陸上部は先輩だけでなく現役も頑張っていて、北関東大会女子200mで2年次の吉永さんが2位にはいり、福井県で行われる全国高校総体に進出を決めているほか、3年次の伊藤くんが男子3000mSCで7位に入賞しています。大いに健闘を期待しています。

 さて、すでに知っているとは思いますが、埼玉県では、平成30年4月から、県内で自転車を運転する場合には自転車損害保険などに加入する義務があります。本校の生徒に関しては高校PTA連合会が自転車運転中も含めた賠償責任保険をつけているので特に手続きは必要ないのですが、万が一、自転車による事故で相手に負傷させた場合に、被害にあった方を救済するためにもきちんと対応する必要があります。

 自転車事故による高額賠償事例が全国各地で散見されており、保険にも限界がありますので、やはり事故を起こさないという強い気構えのもと交通マナーをきちんと守って運転してほしいと思います。また、この保険は本校在学中の生徒のみなので、卒業後やご家族についてはご自分で何らかの対応をしなければなりません。この機会に確認してください。

 自転車は車両であり、車やバイクと同じであるとの認識を持ってください。事故を起こせば加害者の立場になります。その場合、法規を守っていたのか、どんな状況で事故が起きたのか、相手にどのような対応をしたのか、相手のけがの程度はどうかなど、いろいろと考えなければならない問題があります。

 これから見ていただく交通事故の映像からしっかり学び、事故を起こさないと改めて決意してもらい、安全で快適な学校生活に繋げるようお願いします。

0

【豊高校長室だより】佐藤 拳太郎先輩(豊岡高校65回・所沢市出身)が、2020東京五輪1600mリレー選手に!

 新聞などの報道によると、豊高の卒業生・佐藤 拳太郎選手(高校65回・所沢市出身・富士通所属)が東京オリンピック1600mリレー代表選手に決まった。

 このページでも佐藤先輩が2021年5月ポーランド・ホジュフで行われた「陸上・世界リレー大会男子1600mリレー」の第3走者として登場し快走し、日本のこの種目初となる銀メダル獲得に貢献したことをお知らせしたが、東京オリンピックでの豊高の先輩の活躍を期待しよう。

 きょう7月6日は、おとなりの狭山市内などで聖火リレーも予定されている。

0

【豊高校長室だより】きょうから7月、2021年も折り返しました。

 きょうから7月。2021年も折り返し後半に入りました。今日は朝からあいにくの雨で、かなり強く降っていたので生徒も大変そうでした。校門で見ていると、合羽を着ていてもかなり濡れてしまった生徒もいて、風邪などひかぬように気を付けてほしいと思います。

 ところで、東京管区気象台ホームページに「天気出現率」という指標が載っています。はるか前のことながら、雑誌「時刻表」(天気の日を選んで旅行に出ましょうということだと思いますが)にその月の毎日の天気の出現率が載っていた記憶があります。

 気象台がある熊谷の観測データを見ると6月9日と15日の雨の出現率が57.1、きょうにあたる7月1日と5日が53.6と一年で最も雨になる確率の高い日のようです。ちなみに学校近辺では先日6月9日は晴れ、15日は朝からくもり午後雨になりました。

0